医者と患者の相談

高齢者の口腔ケア

歯の矯正class=

人にとって歯はとても重要な部分であり、最も大切にしなければならないものの1つです。
なぜなら、失ってしまったときに再生する能力のない数少ないものだからです。
それゆえに虫歯や歯周病にならないようにする予防医療の考え方はとても重要になります。
そのために歯科に通ってクリーニングを受けたり、歯石除去を受けたりするのが効果的ですが、定期的に通うのはそれなりに手間も時間もかかってしまいます。
しかし、そういった状況をみて最近では訪問治療も行われるようになってきています。
特に足が不自由になってしまった高齢者が在宅で治療を受けられるということは大きなメリットです。
定期的に来てもらうことで通い忘れも避けることができてよいシステムでしょう。

高齢化社会となった日本においては高齢者が増加していく一途を辿る時期に入っています。
それにともなって、訪問治療を行ってくれる歯科のニーズは増大するでしょう。
歯科医院自体は近年になって急激に数が増えたものの、在宅治療を担う歯科はまざ少ない現状があり、今後の医療福祉の発展の方向として在宅医療を支援できる歯科が必要とされていくでしょう。
開業医が増えたことによってその顧客の獲得競争も激しくなっていることから、その解決策として拡大されてくることが期待されるのに加え、新規に歯科として開業する際にニッチを埋める選択肢として選ばれていくことになるでしょう。
そうすることで高齢者を支えられる医療福祉体制が整えられていくはずです。