医者と患者の相談

児童の虫歯

歯ブラシclass=

人々にとって歯科治療というのはとても重要な治療のひとつで、出来るだけ歯を残しておかないと高齢になった際に自分の歯でものを噛むことが難しくなってしまいます。
万が一歯が無くなってしまった場合でも、人工の歯である入れ歯やインプラントで対応する事は可能ですが、そうした場合に定期的に歯科治療を施して貰うために、歯医者に通院する必要が生じてきます。
高齢になればなるほど、足腰に負担がかかる為通院するのがおっくうになったり、寝たきりになったりして介護が必要になった場合に自力で通院するのは難しい場合がありますが、最近の医療福祉の現場の発展は目覚ましいものがあり、そうした高齢者の為の訪問治療の1つに歯科治療も加わっています。
すべての歯科が可能というわけではなく、比較的規模の大きい所が対応している傾向にあります。

前述したような歯科訪問治療では、以前は治療できる範囲がかぎられていましたが、時代の変化と共に、様々な最新の医療機器が導入されるようになり現在では医療用のポータブルユニットが開発されたおかげで、自宅にいながら医院で受ける治療と同様の治療を受けることが可能になってきています。
例えば入れ歯の修正や作成といった義歯治療はもちろんの事、虫歯の治療や定期的な口腔内検診、口腔内のケアやリハビリ、歯周治療等殆ど医院での治療内容と大差が無いです。
このように自宅にいながら治療を受けることが可能なので、治療対象となる患者もストレスをあまり感じることなく治療を受けることが可能です。
更にケアマネージャーと連携して治療を行なっていくので、安心して受けることが可能です。